ニキビ=皮膚病?

ニキビも間違いなく皮膚病の一種です。
わざわざニキビで皮膚科に通院するのも、と少々ためらいがちですが、皮膚科に通うとすぐに治りますし、ニキビ跡も目立ちにくいです。
それに、自分で薬店などでニキビ治療薬を買うよりも安く治せます。
ご存知かもしれませんが、ニキビはアクネ菌のせいでできるので、メイク用のスポンジやフェイスタオルなどを他の人と共有で使用していたり、肌が直接触れてそのまま洗わなかった場合などに、自分もニキビになってしまう恐れがあります。
また、自分のニキビを触った後で、他の場所を触ると、そこにもニキビができる可能性があります。
ニキビに使用する薬は、様々です。
当然ですが、専用のニキビ薬の方が効きます。
でも、軽度のニキビであるならば、オロナインを使う事も可能です。
きちんと、効能・効果の欄に吹出物ややけど、ひび等と並んで、載っています。
近頃、重曹でニキビのお手入れができると注目されています。
重曹は弱アルカリ性で、油分を分解する力があるため、洗顔料に重曹を加えて洗顔することで、毛穴に詰まった汚れを取り、角質をケアすることができ、吹き出物を改善してくれるのではと期待されています。
ただし、研磨効果のある重曹を入れた洗顔料を使うと肌にダメージを与える恐れもあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。
結構前の話ですが、私が20歳の頃、背中が大変痒くなったので見てみると、数えきれない吹き出物ができていたんです。
すぐに皮膚科で見てもらいました。
すると、ドクターから、「吹き出物はニキビです。
こうなったのは食生活の偏りなんですが、脂肪分の多いものばかり食べているんじゃないですか?」と怒られてしまいました。
チョコがどの食べ物よりもニキビができやすいそうです。

背中ニキビはシャンプーのせいだった?【原因対策とおすすめまとめ!】